イベント情報 イベントレポート

平成26年度 第3回おかやまサイエンス・トーク

開催日時
2014年7月28日(月)13:10~14:40
開催場所
岡山県立矢掛高等学校
対象
理系1年生、2年生、3年生

実施報告
 まず、岡山大学大学院大学院環境生命科学研究科(農)博士前期課程1年の湯浅まり恵氏より「農学ってなんだ。~微生物から環境まで~」というタイトルで発表がありました。農学部をご紹介して頂いた後、学部のポリシーにふれながら学部の違いを関係図にして説明をしていただきました。研究では作物の遺伝情報の中にあるマーカーを調べると食品偽装の防止や混合物から原材料を探し当てられることを紹介して頂きました。
 次に、岡山大学大学院自然科学研究科(工)WTT特任助教の増田潤子氏より「iPS細胞を用いてがんを解明する」というタイトルで発表がありました。がん細胞の中には非常にわずかながら悪質ながん幹細胞と呼ばれるものがあり、その機能がわかっていませんでしたが、iPS細胞を効果的に分化させることに成功し、その働きを調べられていることを説明して頂きました。増田氏は農学部出身でありながら、大学院に進む過程で得たチャンスを的確に活用し、医学部、米国と渡り歩いて、現在の職に就いていることを紹介して頂きました。
 フリートークの時間では、英語や数学の克服について、また、現在の職に就くまでの苦労や工夫について質問が出ました。両氏とも必ずしもそれらの科目が得意ではなかったが、夫によって道が切り開けること、また、人生に絶対はないことを解説して頂きました。公演後も講師のまわりに 生徒が集まるなど非常に活発な議論が繰り広げられました。

イベント情報
イベント情報TOP
イベントスケジュール
イベントレポート
イベント参加申し込み
イベントスケジュール
イベントレポート
よくあるご質問

Page Top